いものこピラミッド積み、汁も堪能 山内でまつり【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
力を合わせてイモノコを積み上げる3世代の親子
力を合わせてイモノコを積み上げる3世代の親子

 秋田県横手市山内特産のイモノコを味わう「第33回いものこまつりin鶴ケ池」が15日、同市山内の鶴ケ池公園ふれあい広場で開かれた。大勢の家族連れらが訪れていものこ汁を味わい、全国いものこピラミッド競技大会など多彩なイベントを楽しんだ。

 イモノコのPRを目的に地元農家らでつくる実行委員会が毎年開催。JA秋田ふるさと山内いものこ部会によると、今年は小雨の影響で生育が1週間ほど遅れている。現在食べ頃なのはわせ種で、10月から主力品種「土垂(どだれ)」が出回り、収穫は11月中旬まで続く。

 会場の大鍋で調理したいものこ汁は、1杯400円で販売。来場者は、軟らかく粘りの強い「山内いものこ」ならではのおいしさを味わい、「今年もおいしい」と満足そうな表情を見せていた。

(全文 563 文字 / 残り 233 文字)