一から教えて:衣類の整理 「残す理由はある?」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
なかなか捨てる踏ん切りがつかず、スーツの前ボタンを締めようとする記者。左は柳瀬さん
なかなか捨てる踏ん切りがつかず、スーツの前ボタンを締めようとする記者。左は柳瀬さん

 ここ2、3年で体重が10キロ以上増加し、やむを得ずスーツを新調した記者(28)。着られなくなったスーツはどうすればいいのか。捨てるべきか残すべきか。整理収納アドバイザー認定講師の柳瀬わかなさん(39)=秋田市、秋田収納美人塾主宰=にアドバイスをもらった。

 柳瀬さんによると、物を減らせない原因は、大きく分けて九つある。(1)高価である(2)完全な状態である(3)一部は使えないが全体が壊れているわけではない(4)使い切っていない(5)ヘアピンやネクタイピンなどの小さな物(6)捨て方が分からない(7)もらい物で「しがらみ」がある(8)「捨てるのはもったいない」というしつけ(9)人形などにある「捨てるとたたりがある」という迷信―。

(全文 1233 文字 / 残り 917 文字)

この連載企画の記事一覧