テニス日比野がツアー2勝目 ジャパン女子、ダブルスも制す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子シングルスを制し、笑顔でカップを掲げる日比野菜緒=広島広域公園コート(安藤晃氏撮影)
女子シングルスを制し、笑顔でカップを掲げる日比野菜緒=広島広域公園コート(安藤晃氏撮影)

 テニスのWTAツアー、ジャパン女子オープン最終日は15日、広島市の広島広域公園コートで、シングルス決勝が行われ、日比野菜緒(ブラス)が土居美咲(ミキハウス)を6―3、6―2で下して、2015年のタシケント・オープン以来となるツアー2勝目を挙げた。

 ダブルス決勝では、日比野、土居ペアは、クリスティナ・マクへール(米国)ワレリア・サビニフ(ロシア)組と対戦して、3―6、6―4で迎えたマッチタイブレークを10―4で制した。