国体、競泳で白井が2種目制覇 萩野は予選敗退

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
成年女子100メートル背泳ぎで優勝し、歓声に応える兵庫・白井璃緒=山新スイミングアリーナ
成年女子100メートル背泳ぎで優勝し、歓声に応える兵庫・白井璃緒=山新スイミングアリーナ

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」は15日、ひたちなか市の山新スイミングアリーナなどで会期前競技が行われ、競泳の成年女子で白井璃緒(兵庫)が100メートル自由形を54秒27で、100メートル背泳ぎを59秒58で制した。

 成年の100メートル平泳ぎで、男子は小関也朱篤(山形)が59秒23、女子は青木玲緒樹(東京)が1分6秒07のともに大会新記録で優勝。成年男子100メートル背泳ぎの萩野公介(栃木)は予選で55秒50の9位にとどまり、敗退した。

 成年男子板飛び込みは寺内健(兵庫)が455・80点で優勝した。