時代絵巻、街彩る 由利本荘市、大名行列や山車練り歩く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
市中心部を練り歩いた大名行列
市中心部を練り歩いた大名行列

 400年の伝統を誇る秋田県由利本荘市谷地町の八幡神社祭典が15日、行われた。本荘藩の参勤交代を再現した「本荘大名行列」に山車やみこしが連なり、約500人による500メートルほどの行列となって市中心部を練り歩いた。沿道には住民が詰め掛け、風情あふれる伝統行事に見入った。

 大名行列は正午に神社を出発。掛け声に合わせ足を外側に回す独特の足さばきで、挟(はさみ)箱を担いだ2人の男衆が先導した。長柄槍(やり)や大鳥毛(おおとりげ)を担いだ男衆の後ろに殿様役の子どもを乗せたかごが続き、観衆の前を進んだ。

(全文 635 文字 / 残り 386 文字)