男鹿でトライアスロン大会を 新たな誘客へ実証実験イベント

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

戸賀湾で一斉にスタートする参加者
戸賀湾で一斉にスタートする参加者

 秋田県男鹿市でのトライアスロン大会実施に向けた実証実験イベント「男鹿半島なまはげトライアスロン」が15日、半島全域を会場に初めて開かれた。県内外から約30人が参加し、スイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(長距離)の3種目計112キロに挑んだ。

 市や市観光協会などでつくる実行委員会の主催。男鹿半島の資源を活用した持続可能な大会の実施を目指して企画した。マウンテンバイク競技のアテネ五輪代表でトライアスロンの世界大会にも出場している竹谷賢二さん(49)=埼玉県三郷市=が協力した。

(全文 418 文字 / 残り 177 文字)