なんと!シルバーテツヤが東京で写真展 八峰町の85歳

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
写真展を企画したクドウナオヤさん(左)と、撮影モデルになった祖父のテツヤさん
写真展を企画したクドウナオヤさん(左)と、撮影モデルになった祖父のテツヤさん

 「秋田のファンキーすぎるおじいちゃん」としてネット上で話題となっている「シルバーテツヤ」の写真展が敬老の日の16日、東京都港区のイベントスペース「SIDE」で始まった。八峰町出身で都内に暮らす孫のクドウナオヤさん(29)=CMプランナー=が企画。孫の高級ブランド服に身を包んでポーズを決める85歳のテツヤさんの写真が並び、訪れた人を楽しませている。22日まで。

 サングラスと帽子でおしゃれに決めて旧八森中学校の校舎前に立つ姿や、流木に覆われた八森の海岸で夕日を眺めるシーンなど、八峰町内で撮った約50点を展示。白滝神社での浴衣姿や仏壇前での革ジャン姿もあり、撮影に使った服は20パターンに上った。

 ナオヤさんが今年4、5月の大型連休に帰省した際、「おじいちゃんを変身させたら面白そう」と思い付いたのが撮影のきっかけ。会員制交流サイト(SNS)に写真を投稿すると、ツイッター上で7万回のリツイートがあり、「いいね」は28万件に。シルバーテツヤのインスタグラムのアカウントを開設すると、3カ月でフォロワーが12万人を超えた。

(全文 802 文字 / 残り 341 文字)