迫真の演技、森岳歌舞伎 三種で伝統芸能の祭典【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
迫力ある演技が観客を魅了した森岳歌舞伎
迫力ある演技が観客を魅了した森岳歌舞伎

 「伝統芸能の祭典inみたね」が15日、秋田県三種町森岳の八幡神社境内にある農村歌舞伎会館と山本ふるさと文化館で開かれた。夜には森岳地区に江戸中期から伝わるとされる伝統芸能「森岳歌舞伎」の保存会(石塚善信会長)が農村歌舞伎会館で奉納公演を行い、真に迫った演技で観客を魅了した。

 今年の演目は源平の戦いを描いた「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」の中の「須磨浦の段」。平家方の若き大将・平敦盛と、源氏に臣従する百戦錬磨の猛将・熊谷直実の関係を軸に物語は展開した。

(全文 492 文字 / 残り 260 文字)