スポルティフAが4連覇、魁星旗争奪少年サッカー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【決勝・スポルティフA―仁井田】後半、スポルティフAの武石(左)が勝ち越しのゴールを決める
【決勝・スポルティフA―仁井田】後半、スポルティフAの武石(左)が勝ち越しのゴールを決める

 第39回魁星旗争奪少年サッカー大会最終日は16日、能代市落合球技場で準々決勝から決勝までを行った。決勝はスポルティフAが仁井田に2―1で競り勝ち、前身のエスポルチ秋田時代を含めて4年連続7度目の頂点に立った。3位決定戦は、ニカホがグロースを0―0からのPK戦の末に破った。グッドマナー賞にはグロースが選ばれた。

(全文 156 文字 / 残り 0 文字)