千葉の被災地に強い雨、避難も 停電1週間、なお8万戸

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
台風15号による被害で広域停電が続く千葉県市原市の住宅街。16日で発生から1週間となる。奥は千葉市方面=15日午後6時5分(共同通信社ヘリから)
台風15号による被害で広域停電が続く千葉県市原市の住宅街。16日で発生から1週間となる。奥は千葉市方面=15日午後6時5分(共同通信社ヘリから)

 台風15号による千葉県の広域停電は、16日で発生から1週間となった。県内では同日午前11時時点で約8万戸が停電。家屋被害の多い房総半島の南側では強い雨が降り、館山市の全域や南房総市の一部では避難勧告が出された。自治体が開設した避難所では、被害拡大を心配する住民の姿もあった。

 一方、電気が復旧した地域では、漏電などによる「通電火災」が起きる恐れがあり、東京電力や消防が注意を呼び掛けた。

 停電の復旧は、当初の想定より大幅に遅れており、東電は「16日までにおおむね復旧」としていた千葉市や袖ケ浦市の一部を「27日まで」とした。

同じジャンルのニュース