韓国、法相任命に丸刈りで抗議 最大野党の黄代表、大統領府前

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
16日、ソウル市内で法相の任命に抗議して頭を丸刈りにした保守系最大野党「自由韓国党」の黄教安代表(共同)
16日、ソウル市内で法相の任命に抗議して頭を丸刈りにした保守系最大野党「自由韓国党」の黄教安代表(共同)

 【ソウル共同】韓国の保守系最大野党「自由韓国党」の黄教安代表は16日、文在寅大統領が親族に絡む疑惑が相次ぐチョ国氏を法相に任命したことに抗議するため、大統領府前の広場で頭を丸刈りにするパフォーマンスを報道陣に公開した。政権との対決姿勢をアピールしたい狙いとみられる。

 検察官出身の黄氏は、自由韓国党の議員らに見守られながらバリカンで頭を刈った後、チョ氏に対し「自ら職を辞し検察の捜査を受けよ」と訴えた。

 10日には40代の無所属の女性議員が法相任命撤回を訴え、涙を流しながら丸刈りにしたことが韓国のテレビニュースで大きく取り上げられた。