果樹園を観光地に 高齢農家の負担減へ、体験交流など企画

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
リンゴの木のオーナー制度を始める安藤果樹園の安藤さん
リンゴの木のオーナー制度を始める安藤果樹園の安藤さん

 秋田県三種町のグリーンツーリズム団体・田舎ぐらし大学みたね(柴田千津子会長)は、会員農家の果樹園の観光農園化を進める。果物のもぎ取りや生ジュースを作る交流会を開くほか、リンゴの木のオーナー制度も企画している。夏場のジュンサイ摘み取りに続く秋の体験メニューとして定着させ、高齢化が進む農家の収穫作業の負担軽減にもつなげたい考えだ。

 田舎ぐらし大学はこれまでも果物狩りのイベントを開いてきたが、観光客を常時受け入れるのは初めて。交流会やオーナー制度を通じ、より深い関係づくりを目指す。

 観光農園化を進めるのは、同町森岳の安藤果樹園と山田果樹園。リンゴの収穫が始まる今月中旬からもぎ取り体験を受け入れる。3日前までの予約制。入園は無料で、もぎ取った分だけ代金を支払う。10、11月にはリンゴとナシの収穫体験と生ジュース作り、バーベキューを楽しめる交流会を5回ほど開く。

 オーナー制度は、安藤果樹園で実施する。「サンふじ」のリンゴの木1本につき、年間オーナー料1万2千円を支払うと、木に実ったリンゴを全て受け取れる仕組み。希望者は収穫に加え、栽培管理も体験できる。

 オーナー制度の問い合わせ、申し込みは笹村さんTEL090・7794・7720。もぎ取り体験は安藤果樹園TEL0185・83・2245、山田果樹園TEL090・2884・9311

(全文 906 文字 / 残り 338 文字)

田舎ぐらし大学みたね

https://www.facebook.com/mitane.gt/