時代を語る・舘岡誠二(26)親子2代の栄誉二つ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
長女詠子の海程新人賞受賞を報じる秋田魁新報=平成24年4月12日付
長女詠子の海程新人賞受賞を報じる秋田魁新報=平成24年4月12日付

 平成7(1995)年から秋田魁新報文化欄「読者文芸」の選者を務めています。ほかに平成の半ばから、現代俳句協会全国大会、石井露月顕彰全国俳句大会といった催しでも選者を仰せつかる機会が増えました。

 振り返れば自分も20代の頃、魁の読者文芸で学びました。大会に関しても、雰囲気を知ろうと足を踏み入れた南秋田郡俳句大会が、師匠村井由武(よしたけ)さんと出会って本格的に俳句を勉強するきっかけになったのです。年を重ねて選者になりましたが、当時の自分を思い出し、投句する俳句愛好者の気持ちを酌んで選句・指導しているつもりです。

(全文 786 文字 / 残り 528 文字)

この連載企画の記事一覧