格闘家、桜庭和志さんスポーツ大使に 記念大会開催【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
会見後に笑顔を見せる桜庭さん
会見後に笑顔を見せる桜庭さん

 秋田県潟上市昭和出身の格闘家桜庭和志さん(50)が18日、11月に県スポーツ大使に就任し、記念して寝技中心の格闘技大会「QUINTET(クインテット)」を初めて秋田市で開くと発表した。「世界では柔術人口が増えており、秋田でも楽しんでもらえると思う」と語った。

 桜庭さんは県庁で会見。今年6月、クインテットのPRのために県庁を訪れた時に県からスポーツ大使就任を打診され、受諾した。11月30日付で就く。現在、他にスポーツ大使を務めているのはプロ野球ヤクルトの石川雅規投手(39)=秋田市出身。

 クインテットは、桜庭さんのプロデュースで昨年4月に立ち上がった。絞め技や関節技のみで戦い、打撃は禁止。5人が対戦する団体戦で争う。記念大会は同30日午後3時から秋田市文化会館で開催。翌12月1日には同市の県スポーツ科学センターで、県民を対象にブラジリアン柔術体験会などのイベントも行う。

(全文 631 文字 / 残り 241 文字)