トレンタで大仙産トマト味わって! 地元素材でナポリタン

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大仙市産トマトを使ったケチャップを使うレストラン「トレンタ」=同市
大仙市産トマトを使ったケチャップを使うレストラン「トレンタ」=同市

 スパゲティ専門店「トレンタ」を展開する秋田県大仙市のトレンタフードサービス(柏原樹人社長)は、20日から同市産トマトを原料にしたケチャップを全18店で使う。同市中仙地域でトマトの栽培、加工を手掛けるダイセン創農(鈴木富士子代表)が原料を供給し、安全やおいしさを掲げてスパゲティとトマト両方の売り出しを狙う。

 トレンタは本県に7店、青森を除く東北4県に11店あり、スパゲティやピザが主力メニュー。ダイセン創農は加工用トマトを年間約200トン栽培、道の駅なかせん内の工場でジュースに加工し広く売り出している。

 ケチャップはダイセン創農が加工したトマトのピューレを原料に、湯沢市の業者が着色料や保存料を加えずに加工。年間約40トンのトマトがケチャップの材料となる見込み。品質検査などを経てトレンタ各店に卸し、定番のナポリタンの味付けなどに使われる。

 20日には全店で他メーカーからの切り替えが完了する。メニューでも地元産素材を使っていることをPRする。

(全文 787 文字 / 残り 363 文字)