W杯ラグビー、フィジー代表を応援 八橋ソユースでPV

お気に入りに登録

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)で、21日に札幌市で行われるフィジー―オーストラリアのパブリックビューイング(PV)が、秋田市のソユースタジアム(八橋陸上競技場)で行われる。今月、秋田市で事前合宿したフィジーの初戦を応援しようと、市と県が企画した。

 正午開場で、試合は午後1時45分キックオフ。スタジアムの約650インチ(縦8.2メートル、横14.4メートル)の大型スクリーンに映し出す。グラウンドに300の観覧席を設けるほか、メインスタンドからも観戦できる。飲食物の持ち込み可能。来場者には応援用のスティックバルーンを配る。入場無料。

(全文 498 文字 / 残り 229 文字)