秋田スギ乾燥センター、自己破産申請へ 負債2億6500万

お気に入りに登録

 秋田県仙北市田沢湖の協同組合・秋田スギ乾燥センター(黒澤昇代表理事)は、19日までに事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。東京商工リサーチ秋田支店によると、負債総額は2018年3月時点で約2億6500万円。

 同センターは05年6月、市内の製材業者らが出資して設立。国と県から計約1億4千万円の補助を受け、乾燥機を備えた工場、倉庫を整備した。

(全文 351 文字 / 残り 178 文字)