時代を語る・舘岡誠二(28)八郎潟町に私の句碑

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
八郎潟町の塞ノ神農村公園に立つ句碑
八郎潟町の塞ノ神農村公園に立つ句碑

 八郎潟町の塞ノ神(さいのかみ)農村公園は見晴らしが良く、ナマハゲや町の伝統芸能願人踊(がんにんおどり)を描いた美しい田んぼアートが毎年楽しめる町民憩いの場です。

 ここに平成27(2015)年5月、私の句碑を建てていただきました。前年の県文化功労者受章を祝い、俳誌「寒鮒(かんぶな)」の会員ら町民有志が建立の実行委員会を組織してくれたのです。中心となったのは寒鮒同人で元副町長の岡道雄さん。「舘岡さんは何もしなくていい。黙って見ていてください」と言ってもらいましてね。「句碑に刻む作品だけ後で教えてもらえますか」と頼まれ、一生懸命に考えました。

(全文 786 文字 / 残り 514 文字)

この連載企画の記事一覧