21日から「鎌鼬の里芸術祭」 羽後町・旧長谷山邸

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

鎌鼬の里芸術祭のポスター
鎌鼬の里芸術祭のポスター

 秋田市出身の舞踏家・土方巽(ひじかた・たつみ、1928~86年)を被写体とする写真集「鎌鼬(かまいたち)」が撮影された羽後町田代の旧長谷山邸で、21日から2日間、舞踏や町の伝統芸能などを披露する「鎌鼬の里芸術祭」が開かれる。国内外の舞踏家やダンサーが演舞を披露するほか、土方に関するシンポジウムや地元の伝統芸能など、多彩なプログラムが繰り広げられる。

 芸術祭はNPO法人鎌鼬の会(菅原弘助理事長)の主催で、今年で4回目。21日は午後1時に西馬音内盆踊りからスタート。ポーランドの舞踏家アマレヤ・シアターさんが舞踏公演を行うほか、文芸評論家で朗読家の東雅夫さんが、土方の著書「病める舞姫」を朗読する。

(全文 519 文字 / 残り 219 文字)