秋田大、AO入試で3年連続出題ミス 問題文の一部誤記

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田大学(山本文雄学長)は20日、今月14日に実施した理工学部のアドミッション・オフィス(AO)入試で、問題文の一部を誤記する出題ミスがあったと発表した。受験者の解答に支障のない内容で、合否に影響はなかったとしている。出題ミスは3年連続。

 同大入試課によると、ミスがあったのは、数理・電気電子情報学科の電気電子工学コースの面接で使用された口頭試問の問題文。物理に関する図表を示す説明が、正しくは「破線」なのに「波線」と誤った。

(全文 426 文字 / 残り 212 文字)