投書巡り議長が辞職…新議長に播磨氏選出 横手市議会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
播磨博一氏
播磨博一氏

 秋田県横手市議会は20日、本会議を開き、同日付で辞表を提出した斎藤光司氏(66)の議長辞職を許可し、初の立候補制による議長選を実施。投票で播磨博一氏(65)を選出した。このほか、19年度一般会計補正予算案、18年度一般会計決算認定案など39件を可決、認定、陳情3件を採択し閉会した。

 議長選には会派さきがけの播磨氏と日本共産党の鈴木勝雄氏(76)が立候補。単記無記名投票の結果、播磨氏23票、鈴木氏2票(定数26、欠員1)だった。任期は21年10月22日まで。

(全文 720 文字 / 残り 489 文字)

同じキーワードのイベント情報