あの店・この逸品[ままのぱんやChelsea]ちぇるしー 小麦の甘みほんのり

お気に入りに登録
2種の生地を混ぜ合わせた「ちぇるしー」。写真は黒糖が練り込まれた商品
2種の生地を混ぜ合わせた「ちぇるしー」。写真は黒糖が練り込まれた商品

 にかほ市象潟町の閑静な住宅街に、パン店「ままのぱんやChelsea(チェルシー)」が立つ。店主の齋藤彩花さん(29)が自宅敷地にプレハブ小屋を建て、昨年12月に開店した。卵を使わず、しっとりとした生地のパンが人気を呼んでいる。

 看板商品の「ちぇるしー」(1個250円)は円筒形で、外側はフランスパンのようにかみ応えがあり、内側はもっちり、ふわふわした食感が特徴だ。小麦生地と、黒糖やコーヒー、季節の野菜など日替わりで練り込む内容を変えた味付き生地を、渦巻き状に混ぜ合わせている。ほんのりとした甘みと小麦の香りが楽しめる。

(全文 766 文字 / 残り 505 文字)

お店の情報

にかほ市象潟町字狐森85の8
TEL0184・43・6833
営業時間は午前10時~午後5時半(売り切れ次第終了)
不定休
店頭やフェイスブックなどで、月間の休業日を知らせる

この連載企画の記事一覧