フィジー代表に声援 秋田市でPV、300人観戦【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
フィジーのトライに沸くPVの来場者
フィジーのトライに沸くPVの来場者

 ラグビーW杯日本大会の開幕前に秋田市で合宿をしたフィジーが21日に札幌市で初戦を迎え、秋田市八橋のソユースタジアム(八橋陸上競技場)では大型ビジョンで生中継を観戦するパブリックビューイング(PV)が行われた。市民ら約300人が、強豪オーストラリアとの熱戦を見守った。市の主催。

 ビジョン脇のスタンドには、市民の応援メッセージが入ったフィジーの巨大なユニホームが掲げられた。来場者は配布された応援用のスティックバルーンを手に、グラウンド上の特設席で観戦した。

 フィジーは前半をリードし、後半も一時リードを広げ、会場は沸いた。しかし、オーストラリアの猛攻を受けて逆転され、力及ばず敗戦。落胆の声も漏れたが、すぐに健闘をたたえる拍手に変わった。

(全文 564 文字 / 残り 244 文字)