「みんなの実家」で交流を 移住の門脇さん、秋田市に民泊

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
参加者を出迎える門脇さん(右)
参加者を出迎える門脇さん(右)

 秋田市上新城の民泊施設「みんなの実家」が、今月オープンした。記念イベントには、運営する門脇成英さん(64)の呼び掛けにより、首都圏在住の秋田県出身者らが参加したほか、地元住民の姿も見られた。門脇さんは「民泊だけでなく、地元の人と県外の人が交流する施設にしたい」と意気込んでいる。

 門脇さんは仙北市出身。都内などで県出身者向けの交流施設を運営し、首都圏秋田県人会連合会の副会長も務める。都内の企業を退職した4年前から、県内での民泊運営を検討。秋田市上新城の空き家を購入し、6月に埼玉県から移住した。

 県から住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく宿泊施設の認可を受け、今月2日に営業を始めた。素泊まりで1泊3500円。8日には全国豊かな海づくり大会に合わせ、首都圏在住者を呼んで記念イベントを開き、地元住民を含む約120人が参加した。

(全文 680 文字 / 残り 316 文字)

同じキーワードのイベント情報