浴衣で抹茶「おいしい」 中国人留学生ら茶道体験、秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
茶室で抹茶を味わう留学生ら
茶室で抹茶を味わう留学生ら

 「第16回ゆかたで茶の湯を楽しむ会」が23日、秋田市新屋大川町の一戸ツセ子さん(84)宅の茶室で開かれた。秋田大の中国人留学生や県国際交流員ら10人が、茶道を通して日本の伝統文化に触れた。

 県日中友好協会女性委員会(石黒かほる会長)の主催。留学生らに日本文化に親しんでもらおうと、同会顧問の一戸さん宅で毎年秋に開かれている。

(全文 365 文字 / 残り 202 文字)