「交通ルール守ってね」 秋田市の2小学校、警備員らが指導

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
外旭川小学校の通学路で行われた登校指導
外旭川小学校の通学路で行われた登校指導

 秋の全国交通安全運動(21~30日)に合わせ、秋田県警備業協会青年部会(千種学部会長)は24日、秋田市の小学校2校の通学路で登校指導を行った。同会に加盟する警備員ら19人が、通学中の児童に交通ルールの順守を呼び掛けた。

 登校指導を行ったのは外旭川、桜の両小学校周辺。このうち、外旭川小では6カ所に分かれて児童の通学を見守った。警備員らは横断歩道を渡る際に左右をよく確認するように指導。信号が点滅し始めてから走って渡ろうとする児童に対しては「危ないから待ってね」などと声を掛けた。

(全文 352 文字 / 残り 112 文字)