天皇陛下即位の祭典に竿燈出演 「一生懸命演技したい」

お気に入りに登録

 財界などでつくる「天皇陛下御即位奉祝委員会」と超党派の国会議員連盟などは24日、11月9日に天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」の企画概要を発表した。人気アイドルグループ「嵐」と全盲のピアニスト辻井伸行さんが奉祝曲を披露する。

 奉祝曲は天皇陛下の長年の研究分野である「水」をテーマに、脚本家の岡田恵和さんが作詞を担当。

 国民祭典は2部構成。第1部は午後1時半から皇居周辺の内堀通りで、秋田県の竿燈や盛岡さんさ踊り、沖縄エイサーなど郷土芸能の祝賀パレードを行う。

 秋田市竿燈会は大若5本を上げる。おはやしを含めメンバー約30人が祭典に参加する予定だ。

(全文 618 文字 / 残り 345 文字)