遠藤(仁賀保中出)がプロ志望届 東海大相模、高校日本代表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
遠藤成
遠藤成

 日本高野連は24日、今夏の甲子園大会に出場し、高校日本代表にも選ばれた神奈川・東海大相模3年の遠藤成(秋田県にかほ市・仁賀保中出)がプロ志望届を提出したとホームページで公表した。10月17日に行われるプロ野球ドラフト会議での指名対象選手となる。

 遠藤は中学時代、本荘由利リトルシニアでプレー。甲子園優勝経験のある東海大相模では投手と野手の二刀流で活躍した。140キロ超の直球が武器で、高校通算45本塁打。甲子園では2回戦の近江(滋賀)戦に先発し、八回途中1失点と好投した。

(全文 319 文字 / 残り 82 文字)