社説:秋田道4車線化 早期実現へ一層運動を

お気に入りに登録

 国土交通省は、秋田自動車道大曲インターチェンジ(IC)―岩手県・北上ジャンクション(JCT)間の72キロのうち、対面通行となっている暫定2車線の42キロを4車線に広げる方針を決めた。実現すれば、秋田南ICから北上JCTまでの全107キロが4車線化され、本県と東北自動車道をつなぐアクセスが向上する。

 2車線の対面通行区間では、追い越しができず、道路状況によっては目的地に着くのが遅くなる。冬場は事故や除雪作業の影響で車線がふさがれ、通行止めとなることが多い。何より車が対向車線へ進入して重大事故が引き起こされる可能性があり、安全面で大きな問題がある。4車線化の整備はこうしたデメリットを解消し、スムーズで安全な運行を確保することにつながるはずである。

 全国の有料高速道路には約1600キロの対面通行区間があり、国交省がその中から優先的に4車線化を進める区間を選んだ。▽年間の通行止め時間▽死傷事故の発生頻度▽速度低下の起きやすさ―といった観点から、必要性の高い区間として、秋田道の42キロを含む全国の約880キロが絞り込まれた。

 国交省はこれらの優先整備区間を、おおむね10~15年かけて完成させる方針を示している。だが着工時期は決まっておらず、今回選ばれたとはいえ、完成がいつになるのかは不透明だ。財政に余裕がないことを踏まえれば、全区間で同時着工するのは難しい。どこの区間を事業化するかについては国が総合的に判断し、順次着工することになるだろう。

 秋田道の4車線化は、県や沿線自治体、商工団体がこれまで繰り返し要望してきた経緯があり、熱心な運動が実を結んだとも言える。ただ、今後は全国の多くの自治体が早期完成を求めてさらに要望活動を強めるのは必至だ。本県としても、冬場の安全通行を図る上で急務であることなどを強調し、秋田道の早期事業化を国に働きかけるべきだ。

 横手ICに近い県横手第2工業団地には近年、自動車部品メーカーの進出が目立っており、物流ルートとしての秋田道の重要性はこれまで以上に高まっている。部品メーカーにとって4車線化は、隣県工場への製品輸送の迅速化につながるだけに大きな強みだ。

 本県は全国一のペースで人口減が進んでいることから、一層の企業集積と雇用確保が不可欠となっている。若者の県外流出に歯止めをかけるためにも有効と言える。

 観光面でも必要性は高い。近年急増している訪日外国人客らを、県外の空港などから安定的に呼び込み、交流人口を拡大させるには、高速道をはじめアクセスの充実が欠かせない。国に早期整備を求める際は、そうした点も積極的にアピールしていきたい。