秋田犬と散歩して癒やされて 県内初のヘルスツーリズム認証

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ヘルスツーリズム認証の取得に向け、今年2月に地域住民と実施した秋田犬との散歩(ヘルスケアデザイン秋田提供)
ヘルスツーリズム認証の取得に向け、今年2月に地域住民と実施した秋田犬との散歩(ヘルスケアデザイン秋田提供)

 秋田県三種町の一般社団法人ヘルスケアデザイン秋田(戸嶋諭代表)が企画した体験プログラム「秋田犬と散歩」が、専門機関の「ヘルスツーリズム認証」を県内で初めて取得した。町が力を入れる健康保養地(クアオルト)事業の核の健康ウオーキングに、秋田犬と一緒に歩く楽しさや癒やし効果を加えた。認証は健康志向のプログラムの品質に対するお墨付きで、法人は観光誘客の動きを本格化させる。

 認証は日本ヘルスツーリズム振興機構(東京)、日本規格協会(同)、日本スポーツツーリズム推進機構(同)が委員会を組織し、昨年度始めた。▽安心・安全▽旅の楽しさ▽健康への気付き―の3点を柱にプログラムを書類審査し、これまで三種町を含め全国38のプログラムが認証を取得した。山形県上山市などのプログラムは、大手旅行会社が商品化しているという。

 ヘルスケアデザイン秋田は、健康ウオーキングのガイドを務める町民らが昨年6月に出資して設立。町民の健康づくりの側面が強かったクアオルト事業を町外からの誘客に発展させようと、当初からヘルスツーリズム認証の取得を目指していた。

(全文 902 文字 / 残り 438 文字)