時代を語る・佐藤清太郎(4)約束通り「でっち奉公」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
長野の研修先農家を再訪。左から2人目がお世話になった今井満行さん=平成10(1998)年
長野の研修先農家を再訪。左から2人目がお世話になった今井満行さん=平成10(1998)年

 昭和38(1963)年3月、金足農業高校を卒業するとともに、県外へ「でっち奉公」に出ることになりました。久吉じいさんが高校進学の代わりに付けた条件です。

 本来なら全国に名の知れた栃木県の林家にお世話になるはずでした。ところがどういう訳か林家から色よい返事をもらえませんでした。代わりに行ったのが長野県のほぼ中央にある下諏訪町という所です。県の農業研修生として花の栽培を教わることになりました。じいさんとすれば、花でもいいから、住み込みで下働きする経験を積んでこいということだったようです。

(全文 737 文字 / 残り 492 文字)

この連載企画の記事一覧