時代を語る・佐藤清太郎(6)県の講習で林業学ぶ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
林業教室で実際に山林に入り実習(左から2人目)=昭和39年秋
林業教室で実際に山林に入り実習(左から2人目)=昭和39年秋

 昭和30年代、「林家」と言うより、山林を所有しているという意味で「山持ち」という呼び方をする方が多かったですね。その山持ちの後継ぎを対象に、林家を育成する初の「林業教室」が開かれ、私も参加しました。長野から帰ってきて半年後の39(1964)年4月から翌年2月にかけてのことでした。

 私はその頃、長野での研修を生かし、花の栽培に取り組んでいました。一方、じいさんやおやじから120ヘクタールに及ぶ山林を譲り受けることになっており、この教室で林業を本格的に学び、後継ぎの道を歩みだすことになりました。

(全文 758 文字 / 残り 509 文字)

この連載企画の記事一覧