貴源治、けん責に反省の弁 貴ノ富士の弟、指導逸脱行為

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
花相撲で土俵入りに臨む貴源治=両国国技館
花相撲で土俵入りに臨む貴源治=両国国技館

 大相撲で付け人力士への暴行などで日本相撲協会から自主的な引退を促された十両貴ノ富士の双子の弟、幕内貴源治が28日、指導の範囲を逸脱した行為でけん責処分を受けたことに「しっかりと受け止める。来場所からはゼロではなく、マイナスからスタートする」と反省の弁を述べた。花相撲に参加した東京・両国国技館で取材に応じた。

 貴ノ富士は27日に現役続行を希望する記者会見を独断で開いた。貴源治は会見の実施を報道で知り「やめた方がいい」と助言したが、それ以降は連絡が取れなくなったという。「育った環境は同じだが、兄と自分は考え方も違う」と話した。