時代を語る・佐藤清太郎(9)山林、市民に広く開放

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
山林開放を伝える秋田魁新報=昭和54年11月19日付朝刊
山林開放を伝える秋田魁新報=昭和54年11月19日付朝刊

 所有する山林を「憩いの場」として市民に開放する取り組みを、ちょうど40年前の昭和54(1979)年に始めました。良質で大径木の秋田杉を育てる林業に力を入れる一方、山林をもっと生かす手だてはないかと考えた結果です。

 これにも高卒後、長野で経験した花栽培の研修が役立っている気がします。高地にあるため自然環境の厳しい長野では、秋田以上に、農家をはじめ集落のみんなが協力し合わないと、作物ができないし、生活していけません。「自分さえよければいい」では駄目だということを痛感して帰ってきました。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 757 文字 / 残り 513 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース