紫乃さん、舞妓から芸者へ お披露目会で飛躍誓う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
あでやかな踊りを披露する紫乃さん
あでやかな踊りを披露する紫乃さん

 あきた舞妓(まいこ)の紫乃(しの)さんが師匠に一人前と認められて舞妓から芸者となり、関係者向けのお披露目会が1日、秋田市千秋公園のあきた文化産業施設「松下」で開かれた。紫乃さんはあでやかな舞を演じ、今後の飛躍を誓った。舞妓は踊りのみだったが、芸者は三味線や歌も披露する。6日に一般向けのお披露目会が同施設で開かれる。

 会には紫乃さんに舞踊、お茶を教えた師匠、親戚ら7人が出席した。柳をあしらった着物に身を包み、凜とした表情で座敷に登場した紫乃さんは「皆さまからいただいた応援、協力に感謝しながら、秋田のために精進していきたい」とあいさつ。その後、数カ月にわたり練習してきたご祝儀舞踊「島の千歳(せんざい)」を優美に舞った。

 秋田市内で舞妓から芸者になることが認められるのは約40年ぶり。同市では秋田川反芸妓連に所属する若勇(わかゆう)さんと染龍(そめりゅう)さんが芸者として活動しており、今月から紫乃さんが加わり3人になる。

(全文 676 文字 / 残り 263 文字)