秋田県内、25地点で夏日 好天に誘われ市民散策

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
木漏れ日の中、散策する人たち=2日午前、秋田市の千秋公園
木漏れ日の中、散策する人たち=2日午前、秋田市の千秋公園

 秋田県内は2日、高気圧に覆われ青空が広がり、気温が上昇した。秋田地方気象台の26観測地点のうち25地点で最高気温25度以上の夏日となり、北秋田市鷹巣など7地点で10月の観測史上最高を記録した。

 鷹巣の気温は平年を7・6度上回る28・6度。大館市(28・6度)、仙北市田沢湖(27・9度)なども同月の観測史上最高気温を更新。県内で最も気温が上がったのは横手市の29・7度、秋田市は28・0度だった。

 同市の千秋公園は、好天に誘われるように午前中から多くの人が散策に訪れた。

(全文 337 文字 / 残り 101 文字)