稲住温泉、高級リゾートに 5日開業、秋の宮温泉郷

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
5日にリニューアルオープンする稲住温泉
5日にリニューアルオープンする稲住温泉

 秋田県湯沢市の秋の宮温泉郷の老舗旅館「稲住温泉」が5日、高級リゾート温泉に生まれ変わりオープンする。ホテルを全国展開している共立メンテナンス(東京)が経営し、仙台市などの富裕層をターゲットに誘客を図っていく。2日は現地で竣工(しゅんこう)式を行った。

 稲住温泉は1896年創業。武者小路実篤や佐藤栄作首相ら多くの著名人が訪れた名宿として知られていた。しかし、建物の老朽化や客数の減少で経営が行き詰まり、2014年3月までに休業。同年9月に共立メンテナンスが買い取り、昨年12月までに改修を終えていた。同社が他県で手掛ける温泉旅館のオープンが重なったため、稲住温泉のオープンが今月にずれ込んだ。地元から約20人を雇用し、さらに10人以上増やしていく計画だ。

 通常料金は1泊2万6千円~25万円(時期によって変動あり)。10月31日までのプレオープン期間は、通常料金より安く宿泊できる。

(全文 727 文字 / 残り 335 文字)