新戦力の細谷「点を取れる司令塔」 ハピネッツ、5日開幕戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ゴール下で素早いパスを出す細谷。東北アーリー・カップでは得点源として活躍した=9月、ゼビオアリーナ仙台
ゴール下で素早いパスを出す細谷。東北アーリー・カップでは得点源として活躍した=9月、ゼビオアリーナ仙台

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツが、5日に秋田市のCNAアリーナでいよいよ西地区の大阪との開幕戦を迎える。チーム浮上の鍵を握る新戦力5人の中で、「点を取ることができる司令塔」と前田顕蔵ヘッドコーチが期待を寄せるのが細谷将司(30)だ。昨季、横浜で迎えたB1の3季目に個人通算千得点を記録。攻撃力は安定しているだけに秋田の守備システムに適応できれば、チームを大きく押し上げる力を備える。

 厳しいディフェンスをモットーとしながら、個々の能力を生かした戦術を目指す今季の秋田。細谷は「自分ではチームスタイルにマッチしていると思う。ディフェンスでハッスルして(攻撃に)走るというのは大好き」と意欲的だ。自身のキャリアであまり経験のない激しい守備を貪欲に吸収しようとしている。

(全文 1420 文字 / 残り 1070 文字)

秋田魁新報社電子版|企画特集