モーツァルト描いた画家の生涯を本に 秋田市の松田さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
出版した自著を手にする松田さん
出版した自著を手にする松田さん

 秋田市広面の元高校教諭・松田至弘(よしひろ)さん(79)が、ドイツの画家ドーラ・シュトック(1760~1832年)の生涯をまとめた本「ドーラ・シュトック
 モーツァルトを描いた女流画家」を出版した。学習に役立ててもらおうと、全県の高校と特別支援学校に計71冊を寄贈した。

 松田さんは湯沢市出身。県内の高校で世界史を教え、本荘高校長、秋田北高校長などを歴任した。2001年の定年退職後は近世・近代欧州の歴史文化を研究し、「ドイツ・チェコ・オーストリア 歴史と文化の旅」「モーツァルト―時代の寵児(ちょうじ)への旅―」といった本を出版してきた。

(全文 501 文字 / 残り 231 文字)