千秋公園のこれから:整備する収益施設 民間からアイデア募集

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
民間事業者から収益施設のアイデアを募る千秋公園
民間事業者から収益施設のアイデアを募る千秋公園

 秋田市は千秋公園の魅力と来園者向けサービスを高めるため、公園内に整備する収益施設のアイデアを民間事業者から募る。民間のノウハウを生かした事業を展開し、公園や周辺のにぎわいを創出する狙い。市は売店やカフェ、レストラン、遊戯施設などを想定している。

 市の施設では初めて「マーケットサウンディング調査」と呼ぶ対話型の調査手法を活用する。民間の担当者からアイデアの詳細について、個別に直接聞き取るのが特徴。民間事業者に加え、NPO法人や地域住民でつくるグループなど幅広い団体から募り、公園の規模や環境に合った施設整備を探る。

(全文 729 文字 / 残り 470 文字)

秋田の最新ニュース