粘りと香り良好、新米こまち県外初出荷 秋田市でセレモニー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
関東に出荷するためトラックに積み込まれる19年産あきたこまち
関東に出荷するためトラックに積み込まれる19年産あきたこまち

 JA全農あきたは3日、2019年産米の県外出荷を始めた。秋田市寺内の精米センターでセレモニーを開き、あきたこまちを積んだトラックが関東に向けて出発した。県内では先月下旬から新米を販売している。

 この日出荷したのは美郷町と潟上市産のあきたこまち計24トン。ミスあきたこまちがトラックの運転手に花束を手渡し、全農あきた運営委員会の船木耕太郎会長らがテープカットを行った後、JA関係者が拍手でトラックを送り出した

(全文 533 文字 / 残り 329 文字)