免震オイルダンパー全て交換へ データ改ざんで秋田市本庁舎

お気に入りに登録

 昨年10月に発覚した油圧機器メーカー大手「KYB」による免震・制振装置の検査データ改ざん問題で、秋田市は3日、市本庁舎に使われている免震用オイルダンパー30本について、全て交換することを明らかにした。費用はKYB側が全額負担する。工事は11月下旬に終了する予定。

 不正品は第三者機関による検証で「震度6強から7程度の地震でも建物倒壊の恐れはない」とされたが、市は「契約違反は変わらない」とし、庁舎施工主の清水建設を通じて早期交換を求めていた。

(全文 292 文字 / 残り 70 文字)