多品種華やか、ダリア見頃に 湯沢の育種研究圃場

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
来場者を楽しませている色とりどりのダリア
来場者を楽しませている色とりどりのダリア

 秋田県湯沢市二井田のダリア園「ダリアのオオヤマ育種研究圃場」で、色とりどりの花が見頃を迎え来場者を楽しませている。

 圃場は市の世界ダリア園を管理していた農家の大山俊太郎さん(72)が、家族と共に2012年に開いた。展示用の圃場は約5千平方メートル。交配により毎年約200種の新品種を生み出しており、今年はオリジナル品種や国内外の品種計約650種3千株を楽しむことができる。夏場の高温で生育が平年と比べ1週間ほど遅れたため、来週が最盛期になるという。

(全文 450 文字 / 残り 225 文字)