「SLおが」火入れ式で無事故祈願 12日に運行【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
灰色の煙を上げる「SLおが」の下で行われた火入れ式
灰色の煙を上げる「SLおが」の下で行われた火入れ式

 JR秋田支社と秋田県が秋の観光プロモーションに合わせてJR男鹿線で運行する「SLおが」の火入れ式が4日、秋田市楢山のJR東日本秋田車両センターで開かれ、同社の役員や県職員ら約30人が安全と無事故を祈願した。SLが男鹿線を走るのは47年ぶり。

 神事の後、車両センターの小谷徳隆所長が点火棒に火を付けSLの石炭の投入口に入れると、煙突から灰色の煙がもくもくと立ち上った。

(全文 320 文字 / 残り 136 文字)