ブースター重量は同僚2人分… 県議会、加藤氏発言取り消し

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
加藤麻里氏
加藤麻里氏

 4日の県議会予算特別委員会総括審査で地上イージスについて質問した加藤麻里氏(社民)が、迎撃ミサイルの発射時に切り離されて落下するブースター(推進エンジン)を、立憲民主党県連代表の小原正晃氏(つなぐ会)に例えた発言をし、不適切だったとして直後に取り消した。

 加藤氏は「ブースターの問題だが、迎撃ミサイルを発射すれば、直径53センチ、長さ170センチ、重さ200キロ。小原さんが2人いる感じでしょうか。そういうブースターが地上に落下する」と発言した。

(全文 504 文字 / 残り 280 文字)