時代を語る・佐藤清太郎(13)台風機に林業見直す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
台風19号で被害続出=平成3年、秋田市下浜羽川
台風19号で被害続出=平成3年、秋田市下浜羽川

 平成3(1991)年9月28日、本県を通過した台風19号により、秋田市下浜にある私の山林も壊滅的な打撃を受けました。数日かけて被害状況を見て回り、大切なことに気付きました。大径木の良質な秋田杉が並ぶ林で、手入れの行き届いた所ほど数多く折れていたのです。

 風は間伐(間引き)により、木と木の間隔が空いた所ほど強く吹き抜けます。さらに木にまとわりつくように吹きます。台風19号の最大瞬間風速は50メートルを超えたといわれています。これまで100年以上風雪に耐えてきた高樹齢の杉も持ちこたえられず、折れたり、倒れたりしました。

(全文 770 文字 / 残り 509 文字)

この連載企画の記事一覧