フェンシング成年男子、成年女子400障害V 茨城国体

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【フェンシング成年男子フルーレ決勝・秋田―大分】秋田の松渕(左)の優勝を決めたアタック=アダストリアみとアリーナ
【フェンシング成年男子フルーレ決勝・秋田―大分】秋田の松渕(左)の優勝を決めたアタック=アダストリアみとアリーナ

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第8日は5日、水戸市のアダストリアみとアリーナなどで17競技を行った。

 秋田県勢は、フェンシング成年男子フルーレで2連覇を達成。陸上成年女子400メートル障害で関本萌香(早大2年、大館鳳鳴高出)が初優勝した。フェンシング成年女子フルーレで3位、カヌー成年男子スラローム・カナディアンシングル(25ゲート)の佐々木優(県協会)は4位。バスケットボールは、準々決勝でJR東日本秋田単独の成年男子が愛知に74―67で逆転勝ちした。

秋田県勢の記録はこちらから