白神ねぎPR「ねぎのん」に任せて まつりで新キャラ披露

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
市ねぎ課のマスコットキャラクターとしてお披露目された白神ねぎのん(右)と考案した山本さん
市ねぎ課のマスコットキャラクターとしてお披露目された白神ねぎのん(右)と考案した山本さん

 秋田県能代市の特産・白神ねぎをPRする市ねぎ課のマスコットキャラクター「白神ねぎのん」が5日、能代市総合体育館で始まった白神ねぎまつりに合わせてお披露目された。体長約2・1メートル。ネギの緑色の部分を頭に束ね、真っ白な胴体が特徴的な和装の女の子をイメージした。

 キャラクターは市が5~6月に市内に在住、もしくは通勤通学している人を対象に募集。計117点の中から、同市昭南町の山本麻紀子さん(43)が考案したデザインを採用した。

 開会セレモニーでお披露目されたねぎのんは、早速イベントへの来場者とハイタッチする初仕事をこなした。今後、市内外のイベントや市の会員制交流サイト(SNS)などを通じて白神ねぎをPRする。

(全文 548 文字 / 残り 241 文字)