「県議会への意見」イージス6割 93件、過去2番目の多さ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県議会は、県民を対象に本年度募集した「県議会への意見」の結果を公表した。過去2番目に多い93件が寄せられ、このうち秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が候補地になっている地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備に関する意見が55件に上った。意見全体の約6割を占め、関心の高さがうかがえる。

 地上イージスに関する意見募集の文言は「防衛省が新屋演習場を適地としたことについて、ご意見をお知らせください」。県議会事務局は、寄せられた意見は賛否が明確なものばかりではないため、それぞれの件数はまとめていない。ただ、賛否が不明確なものを除くと「住宅密集地への配備には反対」「先の参院選で、配備反対とする県民の意思は示された」などと反対意見が多かった。

(全文 779 文字 / 残り 456 文字)

県議会のホームページはこちらから。

同じキーワードのイベント情報