時代を語る・佐藤清太郎(14)医師の一言が教示に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田駒ケ岳に一緒に登る大友英一さん(左)、康二さん兄弟=平成の初めごろ
秋田駒ケ岳に一緒に登る大友英一さん(左)、康二さん兄弟=平成の初めごろ

 多くの方々にたくさんのことを教えていただきました。中でも印象深いのは、同じ秋田市下浜羽川の出身で有名な医師の大友英一さん(90)です。

 〈大友英一さんは昭和3(1928)年生まれ。東大医学部卒。47~51年、浩宮さま(現天皇陛下)らの医事をあずかる東宮侍医を務めた。老化の研究と治療の第一人者として平成14(2002)年、秋の叙勲受章。元県教育庁保健体育課長の大友康二さん(89)は実弟〉

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 771 文字 / 残り 576 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース